« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

2018年3月31日 (土)

準備中

明日、ウチのお教室 発表会なのよぉ。

ブログを書いている場合じゃないんだけれど今週スケジュール緊迫し過ぎて此処に来て放心状態。

昨日苦労して仕上げた授与式のDVD どうにか間に合わせて城主様に納品出来たからきっと ホ っとなってしまったんだろう。きっとそうだ。

やっぱり、お城って好きだ。其処にいると言うだけで特別な満足感がある不思議な場所。
自分の家もそんな風にするべきなんだけれど。。 あ、いまそれ考え出すと明日の準備が出来なくなるからよそう。

昨日は他コンサートのリハもあったんだけれど、作業が難航している私を仲間が見兼ねて中止してくれた。締め切りという最後の追い込み、すごい集中力出たね。
ダメ出されていたところは編集しなおして、車に飛び乗る。また新たにダメ出されるかと思いきや絶賛されてしまいやれやれ。
もう少し手を加えたいところがあるにはあったんだけれど、PCの処理能力がもう限界で危険な感じだったので締め切りとの兼ね合いもあり此処まで、といういい訳付き。

「素晴らしい物を作ってくれて、ありがとう」という思いがけないお褒めの言葉を久しぶりに頂き
ますます気が抜けたんだね。 まぁいい事なんだけれど、そろそろ、復活せねば、明日の準備が。。。


|

2018年3月11日 (日)

無常

昨夜まで私のベットで寝ていた猫が突然の発作。心筋症だそうだ。

治る見込みはないそうだ。安楽死を薦められた。
手足が冷たくなって壊死が始まっている。

痛み止めをもらって酸素室に入っている。

昨日まで此処に居たのに。君は此処に戻って来られないのか。。

せめて家で自然死で看取ってあげたいけれど、薬が切れると凄く痛いらしい。

無常の風は突然襲って来るのだと思い知らされた。

愛しいものが死にそうだというのに時間は止まらない。
容赦無くスケジュールは埋まって行く。

立ち止まる事が叶わないのならば走り続けるしかない。
私にも無念の死を迎える日が来るかもしれない、まだやり残した事があるのに、と悔しい思いをするのかもしれない。今日出来ることは何だったんだろう?
明日やるべき事は何だろう?

色々用事を頼まれているんだけれど、別に嫌がりもせず引き受けたんだけれど
他人の欲望に激しく興味が無くなってしまった。

自分の時間が凄く大事なんだ。

「会者定離 ありとはかねて聞きしかど 昨日今日とは 思わざりけり 親鸞」

「龍華の御世 」っていつだ。

|

2018年3月 6日 (火)

訃報

夜中の電話
「あまり、いい話では無いんだけれどね、Sさんのご主人が急に亡くなったんだよ」

Sさんとは一緒にいる時間はまだ短かかったけれど、辛い現場の裏を一緒に支えあってきた仲、
そんな中でとてもハートフルなお付き合いが出来る方だと感じていました。
寧ろ他の方が知らない部分を共有しているので大事な友人。

今後、一緒に城も支えていくであろう大切な仲間、そのご主人は私と歳も変わらない。
本当に急に、突然亡くなられた との事、ショックだ。

彼女の心中を思うと言葉が出てこない、そして他人事とも思えない部分が多々あり…

告別式に出席。

涙のお別れ

死ぬ事を通して生きる事を思う。

|

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »