舞台

2016年12月24日 (土)

ベリーダンス♡

Image


矢口渡 駅近く「シダット」にて。今宵は中川朝子様のダンス付きと言うスペシャルナイト。
最初ね、矢口わたる さんのライブハウスにご出演なのかと思ったのよ。
「…矢口渡 人気のシダット…」
ヘェ〜、その人そんなに人気のある方なんだ… 知らないなぁエスニックなライブハウスなのかなぁ。。

美味しいインド料理のレストランでした。しかもお手頃価格。マトンのトマト煮込み、臭みも無くトロトロ、また行きたし。

艶やかなダンサーさんがお席を周りながら妖しく美しく踊って下さるのです。
これ、ブラにおひねりかなぁ? と思ったんだけれど誰もそんな事してなかったのでとりあえず大人しく観る。いやぁ、こんな間近でベリーダンス魅せて下さるなんて最高です。迫力の圧感でした。

ダンサーさんって凄いのね。人間という美術品です。
我が身を深く反省。もう少しわたくしの背中を、脚を、腕を……………

その後蒲田駅前に中川さんが劇団仲間ともう1st ライブ との事。今度は男性役。
通り道だし気軽に立ち寄れます。


Image_2

れんこきすた さんのお芝居に出演なさっていたメンバーだわ。
メグちゃん3曲め辺りからスイッチ入って絵面変わった。@@!b
中川さんはどうして格好良いのか? とか色々分析しながらお勉強。

久しぶりに終電なんかに乗って宴の後の酔っ払い、娑婆を眺め 浮世だなぁ。

今年は終わり人生もいつか終わる。蟻とキリギリスの話を思い出しながら
人間の末路、人生の終りに思いを馳せる。
そう簡単には終わらせられないのも人生。新しい年も始まってしまう。
どうありたいのか、難度の海を泳ぐのみ。さぁ泳ぐぞ。

|

2016年12月13日 (火)

16Cの劇場へタイム・トリップ:コメディー・デラルテ

会場で待ち合わせていたのだけれど、全然見つからない・・・
案の定、会場内は知り合いだらけ。

おや、ドン・ジョバンニがドン・ジョバンニを観に来ているわ。
舞台の上には恐ろしい巨人やお化けも一杯。貴方も制裁されてしまえばいいのに。
「ねぇ、Tさん見なかった」
「いらしてたわよ、水色っぽいの着てたからすぐわかる、ほらあそこ」
「えっつ?ホント??」
それもそのはず。会場から出演する出演者だろうとチラっと見てすぐにスルーしてしまった御二方だったのです。
01
こんな素敵なセーター着ていらしたの。
しかもお二人とも特に打ち合わせていたわけでもなくコーディネイト被せていらっしゃったとの事。
絵本作家さんと舞台芸術家さん。ご一緒できて感謝感激です。

コメディー・デラルテ、やはりClown の原点なのでとっても観たかったのですが
日本での公演はミラノのピッコロ座のが過去20年間に3回きりだったそうで
今回のフラテルナル・コンパニアさんの上演はとってもレアなのです。
ハーディーガーディーやアコーディオン、色々な楽器の生演奏でお芝居のBGMを
奏でたり、仮面を使った中世スタイルのお芝居。
タイム・トリップして大昔の劇場に足を運んで参りました。ほんわか、うっとり。
02
流石、ポーズを決めて下さいました。

01

NHK FM 朝6:00~ 「古楽の楽しみ」人気ナビゲーター関根先生も加わり
記念撮影。


 

この本お勧め。古典舞踏の手引きが美しい文章と分かりやすい挿絵で楽しめます。

Image_3

挿絵画家 吉田さんのサイン入りGet.

フラテルナル・コンパニア

(パンフが無かったのでメモ・コピー)

フラテルナル・コンパニア ドン・ジョヴァンニ~甦った石の招客~

日程:

13/12/2016


フラテルナル・コンパニア ドン・ジョヴァンニ~甦った石の招客~

コンメディア・デッラルテは、16世紀にイタリアで生まれ、18世紀中葉まで流行った即興仮面劇です。今回上演される「ドン・ジョヴァンニ~甦った石の招客~」は、コンメディア・デッラルテの高名な役者であったジャン・バッティスタ・アンドレイーニが書いた作品です。アンドレイーニはドン・ジョヴァンニの物語を神話のなかで展開させています。今回の演出は、アンドレイーニの作品をもとにしていますが、モリエールや「ドン・ジョヴァンニ」のもっとも古い作品を書いたティルソ・デ・モリーナのドラマツルギーの要素も見られます。なお、上演はギロンダ、アコーディオン、管楽器、打楽器、ギターなどさまざまな楽器の生演奏とともに行われます。

ドン・ジョヴァンニ:ルカ・コマストリ
ドンナ・イザベッラ、ドン・オッターヴィオ:アレッサンドラ・コルテージ
グリッロ、ドン・ピエトロ:マッシモ・マキャヴェッリ
ドンナ・アンナ、王:タニア・パッサリーニ
チカーラ、ミルディッラ:ソフィア・ブロカーニ
演奏:ウンベルト・カヴァッリ

Don_giovanni_5_2

Foto5

Don_giovanni_4_3

Don_giovanni_3_2

|

2016年7月28日 (木)

芸術集団れんこんきすた Vol24 フランス革命 より Blanc

ヴェルサイユから戻りパリ祭の日フランスではテロのニュースがまた流れ、先日はフランス革命の芝居を観て、脳内はどっぷりフランス。リアルな時空の旅の真っ最中です。

Image

中川朝子 様 率いる「れんこんきすた」
お目にかかる度に全く違うキャラでもはやこの方の個性は謎です。

Image_2

コミカルなギロチンズ・トリオ

ムッシュ・ド・パリ と呼ばれた死刑執行人の苦悩と革命を通して人間の本性に潜む残忍性、危険性、
を歴史に基づいて非常に詳しく描かれていました。ヘビーな内容をギロチンの精とも言えるコミカルなギロチンズがMC役となり
物語が進んでいきます。素晴らしいアイデアだと思いました。

出演者も多く、アンサンブル部分が難しかっただろうな、と。そして役者さん其々の個性に合わせて書いてあげたのかな?と思う程その方にピッタリの役所を皆さん演じていらっしゃいました。

Image_3

Image_4

両方とも捨てがたく良いショット。

非常にリズムのある作品だったので更に回を重ね再演して魅せて頂きたいと思いました。

Image_5

今回のお芝居の為に朝霞ルイ様が考案されたカクテル。グレナデン、ヨーグルト、レモンゼリーのトリコロール。女の子好みの可愛くて美味しいカクテルでした。b

隣にあるのはギロチンクッキー。ギロチンズトリオが印刷…じゃなくて焼き付けてあるの。最近はこんな技術もあるのですね。ちょっとびっくり。

フランスの平和を願って乾杯☆

 

|

2016年6月 7日 (火)

sirènoyer -シレィノワイエ- 追記

久しぶりにPCからブログにアクセスしたらココログ仲間様から沢山のポチが届いており、本当ありがとう存じます。この場を借りて心から御礼申し上げます。

sirènoyer -シレィノワイエ-
Les Miroirs の中でも特に気に入っている作品なので追記
少年のような真っ直ぐな心をずっと持ち続けている旅人と人間では無い水妖。
クライマックスに向かってこの2人が全く違った考えをぶつけ、すれ違いながらも思いの丈をぶつけ合い激しく惹かれ合っているところが好きです。

自分とは違うタイプの人には「君とは違うんだから」とか「何言っているのか分からない」とか
ロクに話も聞かないまま、すれ違って誤解され、傷ついてばかりいるんだけれど いつか惹かれている、その思いだけで許しあい認め合えたら素敵だなぁ、と思いながら観てしまう。

そして自分とは違うであろう人物にも変身してその立場にたったセルフが書けてしまう脚本家 朝霞ルイ様の魅力が強く感じられる場面でもあります。
すれ違い加減が面白いのよ。

回を重ねるごとに魅力が増す耽美で美しい劇団、次回も楽しみにしております。♪

O0800055113625178883

|

2016年6月 6日 (月)

Les mirrors 旗揚げ10周年 おめでとう存じます

Image_3

朝霞ルイ様 率いる Les miroirs 10周年記念 のお芝居を観に行って参りました。

私の大好きな「青の章」sirenoyer シレノワイエ。
金魚鉢の中を妖しく揺らめく青いベタに恋をする白い薔薇のような美しく幻想的な話です。
(実際の役所設定は水妖と旅人なのですが↑私にはそう思える)

傍らにいつも寄り添っていたのに住む世界が違いどうしても一緒になれない。
諦めても諦めても狂おしい程お互いが求め合っている悲恋に自分の気持ちが重なりまたしても大泣きしてしまいました。
どうもね、ルイ様のお芝居ってふと自分の体験とダブル事が多くて抉られてしまうのよね。

初主演 ノノミヤさんの美女っぷりも素敵でした。
少女の面影そのままの麻生さん、白薔薇のような旅人ルイ様。
綺麗所勢揃い、眼福な舞台です。

カーテンコールの薔薇投げ、ふふふ ルイ様から青い薔薇もらった♪
今回は青薔薇なの〜 レアである。

金魚鉢の中の青い魚をイメージして花瓶ではなく鉢に生けてみました。

***** 休憩を挟んで「赤の章」cramuer クラミュレ*****

この作品はルイ様が15歳の頃書いたそうで何回も再演され、きっとその都度何回も演出仕直し、書き直し今に至っているのだと思います。
この作品は前回バロックダンス愛好会の仲間、sayaさんが演じていた事もあり違った役者、演出が更に興味深く楽しませて頂きました。秘密の隠されたストーリー、今回は秘密の部分が更に分かりやすかったです。
今回の絵描きの妹役、池下さんの立ち姿、セリフ回しが素晴らしくご一緒した陛下が「あの方、ダンサーだろう?えっ?違うの?」と驚いていました。

赤い小鳥さんのお衣装も更に小鳥さんらしくなっていました。


沢山の刺激を得た素敵な舞台でした。Miroirs の皆様ありがとうございました。
益々のご清祥、念じ申し上げております。


|

2015年12月 7日 (月)

櫟の館

12/6(日)は幻想芸術集団ミロワール様主催のゴスイベントにて「櫟の館(イチイのやかた)」に出演して参りました。
劇伴奏と、その館の狂ってしまった主人に仕える使用人ルネという役でした。

私のセリフは Flute です。ドンジョンのエレジーからお芝居が始まり、途中スピネットのチェンバロを弾いたり、
「ルネ〜、庭にワインを持って来てくれ」と呼び出されたり、真っ暗な暗転の中でシリンクスを吹いたり(これかなり気持ち良い)、
チャリン♪と効果音を入れてみたり
兎に角 役者さんのセリフの邪魔をしないように、邪魔しないように。

でもあまり芝居を観てしまうと役者に見惚れて演奏し忘れるという。。。懺悔。

打ち上げのお席で座長より明かされたのが
「あの物語は1人残されたルネの回想録。だからルネのフルートから始まり、フルートで終わったのだ」 と解説が入り、
「でもこれ先に言っちゃうと変なプレッシャー感じてやりづらくなると困るから言わなかった。」 と。
芝居のBGM担当だと思いきや 「私の物語じゃないですかぁ@@!」 と驚く。

リハーサル中はもうこれ終わったら座長に絶交されちゃうんじゃないか、と怯える程ダメをたくさん頂き、ご迷惑を沢山おかけしておりました。org
どうなる事かと思いながら残された体力と気力の精一杯を捧げさせて頂きました。

打ち上げ時には三日月バビロン座の座長様より、芝居にフルートが非常に効果的に絡んでいた点を絶賛されてしまい、
いつも遠慮の無いダメ出しをする母からも「あれ、フルート凄く良かった。選曲も良かったし、あれはどうしたの?貴女の曲なの?」
と珍しくご満悦で、どうにか責務は果たしたらしい と安堵する。

こんな賛辞を頂けたのも、素敵な作品を書いて下さった座長、朝霞ルイ様のお蔭です。笛吹き冥利につきます。(´;ω;`)

今回演奏した曲は上記に上げたフルート無伴奏作品の他、セリフの尺、シーンに合わせて私がコード(和音)並べたものです。
今まで学んできたクラシックの要素とジャズの要素が役立ち、この作業はとても楽しかったです。
レトロで憂つなバッキング音が欲しくてスピネットのチェンバロも購入してしまいました。
いずれチェンバロの構造をもっと勉強しなくてはと思っていた矢先だったので良いきっかけでした。

師走のお忙しい中、寒い中劇場に足を運んで下さいましたお客様に深く感謝申し上げます。ご一緒くださいました方々、ありがとうございました。

楽屋でのスナップ
Image_3
(白い方:美しい亡き妻の亡霊ヴェラ。 黒い方:狂っちまった主人に憐れみを持って仕える使用人ルネ)

スピネットのチェンバロ
Image_6

(後ろのリュートは今回使っておりません。スピネットは下のお鞄に入って持ち運べてしまうのです。)

Image_7

シフォン嬢、お花ありがとう存じます。この大きさが本当にかわいい♪

左:れい様が下さったの。気の利いたクリスマスボックスに入っているローラアシュレイのクッキー。
箱が良く出来ているのでコレ型紙取ってみようと思います。てっぺんのおリボンを解くと一枚の紙になる構造なのです。

集合写真

03

01_1

(センター:泣き妻の亡霊と戯れる主人・座長)

02
(調整中)

(こんな大きな動画じゃなくて良いのだがサイズ変更がわからぬ。。。)

Img_3287

危うく撮る前に食べてしまうところでした。こんな可愛いマーブルチョコがあるんですね。

ののみやはんおおきに。お世話になりました。

   

|

2015年11月30日 (月)

クリスチャン・ツィメルマン

母上の誕生日にてツィメルマンのピアノコンサート&ディナーに出かける。

非常に沢山の演奏会に行っている わたくしですが、忘れられない程の深い感動を覚えた演奏会は3回程しかなく、その深い印象に残っているうちの1人、それがツィメルマンです。最初に行ったのはショパンコンクールで優勝し脚光を浴び始めた頃30年位前だったと思います。
レコードは持っていたのですが、ツィメルマン程、生演奏の良さが録音では伝わらないと感じる人はいません。
ピアノの鳴らし方が全然違うのです。ご自分で会場に合わせて調律してしまうし、ピアノのハンマー、弦、構造が把握され過ぎていて、ピアノを弾くではなく、ピアノを自由自在に鳴らす、そんな感じです。

今宵はシューベルト特集。多彩な音色の違いを鳴り響かせて下さいました。
お人柄の丸さ、お茶目な感じ、匠な職人気質、シューベルトのピアノソナタという地味な作品に
彼の個性が加わり、もう圧巻でした。音しかない世界にトリップして参りました。

ミューズアークホールに付属のレストランは中々立派です。
ツィメルマンのプログラムに因んだコースメニューを用意してありました。
「軽快な7つの変奏曲」G dur  にちなんで

Image

丸いお野菜が7枚薄くスライスされてお皿の模様のようです。Pop 軽快ですな。

Image_2

Image_3

11/29は 「いい肉の日」だそうで 特別に牛を一頭買いしてカイノミを提供して下さいました。
柔らかくて程よい旨味。初めて頂きました。カイノミ?何処それ?

Image_4

Image_5

ご馳走様でした。

母曰く、「たまには外食しないとダメね、盛り付けとか勉強になったわ」

おっしゃる通りでございます。

|

2015年11月15日 (日)

クリスマスコンサート

Image

ショッピングモール アピタ 様のステージでした。エスカレーターホールの吹き抜け、
「2回席のみなさーん(^^)/~~~」もあり、2st共に満席@@!
期待を裏切らないように頑張らねば。

ミュージックベルを1人で振っています。 2人用に作った作品だったのですが今日は1人だったのでチョッと大変でしたが、案外1人でも何とかなるのね。
どうしても無理、手が足りないから、という曲はフルートに持ち替えてクリスマスメドレーも無事クリア。可愛く美しいベルサウンド、水面下ではパタパタ汗だくです。

「お買い物」という必要不可欠な日常の中に、気楽に立ち寄れるミニコンサートがある風景って
とっても素敵だと思うんです。(うちの近所でもあればいいのに。。)
小さなお子さんがいたり、コンサートホールまで出かける余裕がなくても、お買い物のついでにチョッと
音楽会、そんな生活に溶け込んだカルチャー企画を立てて下さっているアピタ様に感謝です。

始まるとワラワラ人が集まってくる、はよくあるのですが始まる前から満席だったので
本当に地元の方々に根付いているイベントなんだなぁ、と感じました。

2st終わった後は横浜でレッスン。全てのミッションが終わり只今放心中。

早く帰れば良いものをサイゼリアのドリンバーでコーヒがぶ飲み。
これ1人打ち上げ? もう一杯飲まないと運転仕切れないよ。。。

このドレスはも少しカスタマイズします。資料用に自撮り

|

2014年11月 3日 (月)

どんな時も

今朝はAM5:30過ぎに出発して茨木に8:30入り。

iPad のナビが不具合出たら困るし、と思い主人のナビ付車を借りる。
でも住所が数年前に変わったらしく(市と市の合併とか)打ち込めない。。。
なーんだ、と思いながらガソリン入れに行ったら朝早すぎて閉まっている。
高速を走りながらもう限界です、というところで思い切って下道に降りる。降りてすぐGSがあり、スタンドのすぐ先に高速の乗り口がありホッとする。 スリル満点過ぎる。。
もう間もなく目的地到着です、というタイミングで電話が入る。
てっきりマネージャーさんかと思いきや、実家の母からでした。
「カール(猫)が死んだみたいなの、全然動かないの」
半ばパニック状態で電話してきた。
動物病院の先生をたたき起こしてタクシーで連れて行く事にしたらしい。
タクシーが中々来ないと、イラついている母。
「ごめん、私 今茨木なんです。」
こんな日に愛おしい猫のそばに居てやれないだなんて。。。。
今日の現場は「かかし祭り」。演歌の冠二郎さんも一緒の現場。
グラグラ・ヨロヨロする自分自身の気持ちをグッと抑え込んで準備を始める。
泣くな、メイクが崩れる。鏡の前で何度も微笑む練習をしてステージに向かう。
一歩外へ出ればド派手な私の容姿に「わー、キャー」と沢山の笑顔が迎えてくれる。
野外ステージの前もサイドも満席。高齢な方が非常に多い。
お客様の声援に応えながら、この方達、今までどれだけ辛いこと、悲しい事と対面していらしたんだろう、と、そんな物を全部今日は家に置いてここに来て下さっているんだな、と
痛みを知っているであろう方々の声援がより暖かく感じたのは言うまでもない。
私の次は大取の冠二郎さん。お客様の膨らみきった期待に応える という責任をこなす。
間近で見るタレントさんのオーラって流石だなぁと 大先輩の丁寧な仕事ぶりに頭が下がる。
****************************
子供の頃買ってもらったレコードと絵本のセットの中にカバレフスキー作曲の「The Clown」がある。運動会の駆けっこで良くかかるギャロップの入っている組曲。
絵本の「道化師」ではどんなに辛いことがあっても、客前では笑顔でいなくてはならない、
客にからかわれたり、悲しいことがあっても笑顔を届けることが仕事なんだと、それがClownなのだ とClownおじさんのOn と Off がお話になっていました。
久しぶりにこの絵本の事を繰り返し思い出していました。
 

|