ウィンナワルツ、他

2015年8月20日 (木)

サマーセミナーにて 2015

そういえば、踊れる体を授かっているのに、踊れない人がいたなぁ。

自分自身のネガティブな発想で自滅してしまう映画の「Black Swan」を思い出す。
踊りたくて踊りたくてたまらないのに、繊細すぎて自滅してしまう主人公。
飛行機の中で見た時は他人事と思えず大泣きしてみていました。
どうか、わたくしをわたくしからお守りください。

|

2015年5月 1日 (金)

Groove

演奏するにしても、踊るにしても大問題です。
メトロノームに合わせて譜面どおりに弾く、
フォルテは大きく、ピアノは小さく、音を間違えれば
「そこ違うわよ」 
なんて言われるレッスンを受けていた子供時代を卒業し、どう表現したいのか?
という課題と向き合い始め、煉瓦の塀ににチョークで
「Groove」
書きなぐられた文字を見ながら大いに悩む。(レッド・ガーランドのジャケ写真です)
「なんだ、そりゃ???」
同じ曲を曲調を変えてやってみたり、その国の言語のリズムに耳を傾けると
沢山のヒントが得られます。
その曲がダンス曲ならば、ダンスも大いにヒントになるし、有名なアーティストさんのステージでの体の動きもヒントになりました。
 

|

2015年3月16日 (月)

海外研修お帰りなさいませ

ヴェニーズ・ワルツ、「おっ、軽くなった」と言われ始めてから、何とかその軽さを維持しようと(回している先生も大変だから)レッスン内容が大きく変わる。

体重をかける場所すごく前なんだよね。でも普通、他人に対する遠慮もあるので外に逃げちゃう。ぐーーーっと前に引き寄せられるて倒れそうです。
本当に倒れてYシャツに口紅つけちゃったり、(すびばせん赤面)
「足4本で踊っているのを感じて!」と 足挟まれて、絡まってクルクル。
タンゴ並だぁ。
「床を蹴りだして、体全体で踊って」
「ろっ骨を上げろ」
みゃ??  
最近他の先生方や生徒さんから、やたら話しかけられたり、微笑みを頂くようになりました。(笑われているのかも)
私の先生が厳しいから他の先生が愛想をふりまいて慰めているのか?
傍らで自主練をなさっている海外研修帰りの リリコ姫が一段と美しい。シュッと細くポーズが決まっているよ。(どうやってるの?前と別人よ)
ダンサーさんの脳みそってすご過ぎる。体の使い方、奥が深すぎる。
でもこれとても大事なので(健康にも影響するし)もっと早く出会っていたかったなぁ。
とにかく、難しい・・・・orz

|

2014年12月20日 (土)

雨の高速は事故が5倍

にゃんずスタジオにてお仕事の後、アカデミー・レッスン受講のため車を走らせる。

土砂降りの雨、時間がギリギリだったので高速を使う。
どうか、渋滞していませんように。
まぁ順調に流れていたので一安心、「霞が関まで15分」の表示を確認、もうすぐ着きそう。
とその時、ドン! 

左のドアミラーに衝撃があり、助手席の横っ腹にスッとこすれる感覚が。
私は一瞬ハンドルを取られ「きゃっ」と小さい悲鳴をあげてしまいました。
左には物凄く大きな荷台のないトラックのような変な車。(あれ何ていうのかな)
雨がザーザーでよく見えない。隣のその車はサーっと減速して他の車の陰に隠れた。 
私は車線を一度もはみ出していないはずだし、このヤロー、と思いつつ
レッスンを取るか、ぶつけた車を追うか二者択一を迫られる。
ここでムキになって減速し、他の車の流れを妨げ車線変更しながら後ろの車を探す、というのも命がけだろう。雨で視界が悪すぎるし路面が危険だ。
ドア、あまりひどく凹んでいたらドアごと取り換えだよなぁ・・10万で済まないだろうなぁ・・・
大したことないといいんだけど。。
車両保険にはもちろん入っているけれど、前年度保険使い過ぎで値上げされちゃったんだ。
15秒位の間にわーっとそんな事を考えながらレッスンを優先させる。
現地に到着してすぐに車体を確認、幸い凹みはない。ドアミラーが衝撃を吸収してくれたらしい。横っ腹にはこすれた跡があるけれど雨で滑ったらしく、衝撃を逃がしたみたい。
良く磨けば分からなくなりそう。
*****************************
とりあえず我が身の無事を喜びつつ、お部屋の準備。次々とメンバーさん到着。
先生BlueGreyのちっさめのグラサンで登場。 はうク~ル。b
そしてお着替え室から登場した先生は新しい舞台衣装でした。
ほぉ~ん。これはまだ非公開につき撮影禁止。
くふふ、いち早くわたくし達はアルフレッド王子にお会いして参りましたよ♪
先生がいつも仰るアンデオール、その記事を見て訪ねていらした新しい生徒さんも加わり
La Ville Boree を踊りました。楽師の奏でるゆっくりバージョンから徐々にテンポを上げて
カラオケのインテンポまで通しました。
習い始めの頃、5ページのこの作品、フィギュアを間違えやすく、忘れやすく、苦労したんだけれど全体の特徴を整理するという作業をしたらすんなり覚えられました。
すれ違いは「右左、左左(最初だけ右)」フィギュアの形は最初だけ噴水、あとは風船。(形のイメージを決める) 
そして2種類のパドブレを提示して頂き、アクセントの場所で同じパドブレでも表情が変わるのを体験しました。
よく音楽を聴かないと曲を表現するステップが踏めないね。ついつい油断すると覚えた!、で終わってしまうので簡単な作品こそ、細部まで注意を払ってみたい、と思いました。
するってぇと、4小節一気に歌いたい場所と1小節づつアピールしたい場所があると今きがついた。同じパドブレじゃなくていいんだ。するってぇと、楽器編成とかアレンジを思いついてしまい、どーしよう、オーバーダブしちゃう?

|

2014年12月17日 (水)

最終章:「星の王子様」

HPの動きを見ながら「なんか怪しいな。」と思い念のため本日のレッスン案内をTWする。

TWをみて思いがけず参加者が増える。
案の定先生がレッスンを失念していたと白状する。

(小声)

わたくし・・・・勘が良すぎる。
ジェスターからの伝言。
「わたくしめの事などお忘れになっても構いませんが、せめてレッスンの日はお忘れにならないで下さいませ。わたくしめは陛下の事を片時も忘れた事は御座いません。」
との事です。


************************************
仲良しさんを迎えいつになくにぎやかなスタジオ、一斉にドドドッと帰られた後の静けさ。
一人旅立つ臨終とはこんなものなのか・・・、物凄く寂しいぞ。
この身は囚われの身だが心は誰のものでもない。(私のものでも無いかもしれない。コントロール不能過ぎる。)お帰りの際は余ってますんで持ってって下さい。
蛇に噛ませて解放されたし。

|

2014年12月15日 (月)

ウォーミングアップ

3時間かかった。。。レッスン終わる頃にようやっと調子出てきました。

朝の9時から踊ろうと思ったら5時起きしなくちゃいけないじゃん orz....
次回からサウナパンツ履いて来いとみんなに言われる。そーします。

|

2014年12月10日 (水)

お能もやりました

ダンスの先生のアイデアでお能の講師から基本となる立ち方、歩き方、型を2つ教わりました。エネルギーの操作、目に見えない物の表現の大切さを最初から訓練される和芸。1時間という限られた時間の中でほんのちょっと触れただけですがその素晴らしさ、奥深さが伝わってきて貴重な体験となりました。

知らなかった…美しいじゃない、凄く面白いじゃない…、うら若き先生の袴姿のなんと凛々しいこと。
少し体験してから改めて先生の舞を拝見すると見え方が全然変わり苦手なお謡いもいとおかし。

亡き祖母はお謡の先生だったの。幼い頃、何唸ってるんだかさっぱりわからなかった私には縁の無いものだと思っていたのですが。あぁ、ばーちゃん作品の解説してー!

ゆっくりと溜と緊張感で魅せるフォリアという作品。確かにお能と似ているところがありました。
スペイン風のこの作品、スペイン風という所に囚われてしまい興味が持て無かったのですが(だって おフランスが好きなんだもの)初めて踊っていて楽しい、と思いました。フォリアをこんな風に踊ってみたい、というイメージのヒントを授かりました。それだけでも有意義な日なんだけれど
先生の用意して下さった音源も素敵だったし、新たな文化に開眼し、盛り沢山な2時間。
その後給水タイムで沢山お喋りして時代と作品の背景を興味深く伺いココは何て素敵なサロンなのかしら♪って思ってしまいましたの。

素敵な方々が訪れて下さるから素敵なサロンになるのです。

訪れて下さった方々、神様、仏様、感謝致します。


本日の演目

羽衣

八島

|