乗馬

2016年10月11日 (火)

10/10 クロス障害を飛んだ日

「はい、障害飛びましたよ!」って先生に言われましたが飛んだのは私じゃなくて馬だしなぁ。

でもこれ初心者としては凄いことならしい。

「格好良かったですよ」って先輩スタッフさんにも褒めて頂きましたが
教える方が敏腕だと何されたんだかわからないうちに何かが出来ているのね。

自分が障害をやる日が来るって大体思っていなかったんだけれどとっても気持ちが良かったです。
馬がジャンプ! ってする瞬間結構滞空時間が長いのでそれがとっても気持ちが良かったです。

今日は鵯越(ヒヨドリゴエ)を義経とした、という木曽馬のアンディと障害を。

道産子のフリッツにも乗りました。
長〜いたてがみを風にたなびかせながら走るフリッツはとても爽やかさんです。
厩舎にいるとやんちゃでイタズラばかりします。今日はサクを壊して脱走し
餌場でバイキングをしていました♯

2頭の和種は乗り心地が良いです。上品で滑らかな走り。
ゆったり上品に乗りこなしたいなぁ

|

2015年8月29日 (土)

フィナーレ

小雨混じりの中乗馬教室最後の日となりました。
騎乗中、さほど濡れずに寧ろ涼しくて得をしました。
ガラガラなのです。

2頭の馬と指導員2人、パーソナルで丁寧なご指導を受ける事が出来ました。
2鞍で終わりのはずでしたが余りにもキャンセルが多かったらしく、
「次、マンツーマンで乗れますけど如何ですか?」
と誘われ、騎乗券を追加して1頭でサークル内に入れて頂く。

最後の馬はルイでした。嬉しくて泣ける。思いがけず凄いご褒美だと思いました。

ルイも他の馬が居なかったので嬉しくて、ずっとずっと走っていました。
こちらが制御しなければ40分間ずっと走っている馬だそうです。

朝の調教タイムも疲れを知らないルイはずっと走っているそうです。

それなりに高齢ならしいのですが筋肉がビシッと美しく、「格好いい!」と人気者です。

記録的に何周も走らせて頂き新たな課題が浮き彫りになる。
もう一息鐙の上のバランスが完璧にならないと手の力が抜けないんだよなぁ。。
でもこうやってガンガン走ったらすぐに慣れそうだと思いました。

ルイ…ありがとう 君に乗せてもらえた事は最高の学びと思い出だ。絶対忘れない。
未練があるとしたら(あるさ)それは君だ。

戻ってくるとしたらそれは君に会うため。こんなに心の中まで入って来る馬に出会ってしまうなんて思わなかった。どうか、元気で、幸せに。

今生の別れかもしれないけれど、次の生でもきっとまた会えると信じているよ。

|

2015年8月10日 (月)

走る

半ばヤケとも言える本日3鞍。
朝から降ったり止んだり照ったり、というミックスなお天気だったけれど騎乗時間だけ止んでいるという幸運。こんな天気だと出席率も下がり、私としては穴場だと思う。サークル内の頭数が少ない方が当然走りやすい。
こんな日でも乗りに来る人は天気にも馬にも負けない強い気持ちを持っているはずなので馬も良く動く。

おっとりした箱入り奥様方に囲まれちゃった日はトロすぎて馬と一緒に寝そうになりましたもん。。。

11:15 1鞍目 アンディーブロウ 手編みかな、素敵な耳当てをして馬主様の愛を感じるお利口さん。
指示に対する反応が早くてビックリ。ブレーキもちょっと引くとすぐに静止してくれる。発進も合図を待ってくれるし、ちょっと挟むだけで歩く、走る。速歩の2拍子が結構早い馬だったので忙しかった。
少し間に合ってないよ、と指摘されながらも馬の反応が良すぎて物凄く自分が上達したんじゃないか、と思ってしまいました。違う馬でも試したい。

15:00 2鞍目 待望のルイ君です。彼は乗り手がバランス崩れていると走らないし、文句を言う。
馬装を間違えると頭を振って教えてくれる、先生のような馬なのです。

「どう、ルイに乗った事ある?」:先生
「ハイ、何度も乗りました。ルイは緊張します」:タビー
「(笑)そうなんだよねぇ、分かる分かる」:先生

手綱だけでなく鞍に付いているホルダーも掴んで慎重にスピードをコントロールする。
前の馬に近寄りすぎないように。。。

速足、走りました♪ グルグルずっと走ってくれました。初めて先生に、
「そう、タビーさんそれでいい、それでいい」とOKがでました。
「ルイは緊張するとさっきおしゃっていたからホルダー掴んでいてもいいけれどルイをあれだけ走らせられたら大丈夫だから他の馬の時にホルダー放してごらん」

ルイ❤️heart01 ありがとう。長くかかったけれど一緒に走れたね。確かに今の乗り方ならホルダーは引っ張っていないし鐙に乗って走っていました。手応えがありました。
次はホルダー放すぞ。

16:15 3鞍目 シュークリーム♀ 白馬 ホルダー放して走れました。嬉しかったんだけれど先生から後半「ホルダー掴んでおいて」と指示が。段々馬の調子が上がって速歩の時私が鐙の上で跳ねたのです。チョッと怖かった。一生懸命踏ん張っているのだけれどそのまま跳ね上げられてしまいました。
先生曰く、シュークリームは上下運動が大きい馬なので挟む力が弱いと鐙抜けると。

挟む、これX脚だった私はふくらはぎじゃなくて膝が先に挟みにいってしまいダメだったのですが
今は鐙の踏みしめる場所からふくらはぎの挟み方も推理出来ます。普通の人には簡単な事かもしれないけれど私にとってはどうしても出来ない事だったのです。
X客の人って日本人には少ないそうですがこれ直さないと乗馬も上手くならない、と確信しました。

ヴェルサイユ ダンス の先生が10ヶ月かかってわたくしのX脚を直して下さいました。
そこにヒントがあり乗馬で試してみたい事全部試せて、確かな手応えがありました。

あと2回、2鞍づつ乗ってここのクラブからお引越し。
「楽にのる」という目標をもらいました。
2鞍目の女の先生は各馬の自己紹介を丁寧にして下さり、馬毎に危険予測した指示を予め細かく出して下さいます。
3鞍目の男の先生は「馬を良く観察してよく考える、色々試してみなさい」とアドバイス頂きました。
そして「一人で馬を動かせるようになってから上のクラスに上がって欲しい、色々な乗り方が試せるのはこのクラスにいる時です。Aクラス行ってしまってから乗り方変えるのは至難の技、今のうちですよ」と。
そうなんだよね。いつも先生がいるとは限らない。知らない馬に乗る事もあるだろうし。

今日は乗った〜 という気が致しました。めでたし、めでたし。

Image


私の好きなヘリオトロープを花壇に使ってありました。この花の甘い香りは大好きで、でも花は割と地味だし、、、と思っていたのですが寄せ植えアレンジでは良い役割。今度見つけたら沢山植えよう♪


Image_2


|

2015年8月 1日 (土)

4ヶ月ぶり

昨夜、馬に乗って嬉しかった事書いたのに、アップロードされずに消えた。。。

今日は大丈夫なのか?

という訳で再度書き直す。
この日の馬はセンターウィングス。賢く落ち着いた親切な馬です。

乗馬始めて2回目の時にも乗せてもらいました。カメラを馬場に持ち込むの忘れて写真無し。

隣の洗い場にはルイ。たてがみを切り揃えてもらい一段と男前。ルイって好きだ。また乗りたいなぁ。

私の立ち方、歩き方をダンスの先生、パーソナルトレーナーの先生に直して頂き10ヶ月かかってどうにかX脚を直してもらったところなので、乗馬でも試してみたい事がありました。

鐙の踏ん張るところをダンスと同じにしてみたかったの。

鐙踏ん張ってお尻を浮かす、バランスを取る訳なのでダンスと同じなんじゃないかな、、、と
立ち方、体重を乗せる場所変えたので馬ではいかに。

センターウィングスがお利口さんすぎるのか、私の調子が良かったのか、チョッと謎なんだけれど
今までで一番長く走れたと思います。

いくつか基本的な注意を受け、でも何だかこのままいけそうな気がしてすぐに3鞍予約。
他の馬でも上手くいくのか早く試したい。

今月出来るだけ乗って秋からパーソナルでしっかり走らせてくれる所に移るつもり。
でもルイ君には未練があるんだ。。。

馬は嘘つかないし、日本語凄く理解しているし、気持ちが通じている時の愛おしさったらないのです。
人間に疲れたら馬だ。世間ごとに疲れたら馬だ。

|

2015年4月 6日 (月)

DS

春の馬場♪
Image

Image_2


年末からイベント準備に追われずっとお休みしていた乗馬。パーソナルで一杯走れる所へ移ろうかと思っていたんだけれど、とりあえず試してみたい事があったので久しぶりに2鞍予約。

春休みで子供が多いわ。

本日の馬はディーエス君です。DS? あぁダルセーニョね。と意味不明の名前を音楽用語で記憶に留める。

Image_3

Image_4

Image_5


なかなかスマートで美しいじゃない!口籠付けている子は悪戯っ子です。割と誰にでも愛想が良いらしい。変な揺れも無くバランスが取りやすい。速歩すべきところをスーパー並足で追いついてしまう子です。(苦笑)足長いもんねぇ。すぐに前の馬に追いついてしまうので首を外めに引っ張って前の馬より大回りさせて間隔を調整する、というのを教えて頂きました。

なんと2鞍ともディーエス君だったので気が楽。鐙そのままでいいし。手綱引き気味の子なので手にマメ。

今日試してみたかったのは腹筋の使い方や腰のたて具合。首はダンスと同じで良いはず。
先生にもミーティング時に質問して詳しく教えて頂き手応えがありました。

バロックダンスで足裏の感覚が非常に変わってきたところだったんだけれど鐙を踏みしめる場所がバロックと同じだったのでコレってバランス取るための真髄なのかもしれないな。

先頭の馬がまたしても全然走らないので交通渋滞だったんだけれど、走らなくても丁寧にバランス取れていれば上のクラスに上げてくれそうだったのでそれに集中する。だってAクラスの人達は広〜いサークルで気持ち良さそうにパッパカ走っているんだもの。

今日は非常に手応えがあって満足。自分が何しているか、どうやっているか自覚できたから。

先生の馬談議。本日一緒のサボり気味のトロ〜いちょんまげ君、3/31に指導員のO先生を鐙も鞍もなし、手綱も無し、首飾りみたいな革紐一本で障害をバンバン跳んだ、という神話聴かされる。「こう見えて凄い馬なんですよ」いやー、乗り手が凄すぎる。裸馬を乗りこなすウエスタン映画を思い出す。

今日は珍しく2鞍でヘトヘトです。昔映画で海賊船に乗りこんだ(乗せられた?)ヒロインが「ブーツを脱ぐのを手伝ってくださらない?」と言って乗組員を誘惑し手懐けるシーンがあったんだけれど、当時は身分の高い人は靴も自分で脱げないのか?と思ったんだけれど本日のわたくしは、正に「ブーツを脱ぐのを手伝って下さらない?」とそこら辺の人にお声かけしたくなるほどフラフラでした。ブーツ脱ぐの大変でした。。。乗馬ブーツ、スキニー並みにピッタリで膝が曲がる?位長いのよ。軽くしびれました。


|

2014年12月 1日 (月)

言い訳はしない

普段夜のクラスばかり参加しているのでそろそろ寒さも増しているし、早めのクラスにいれてもらおうかな?と朝から張り切って馬場へ行く。

小高い丘の上、紅葉がとっても綺麗。TVで 「今週一杯が見頃です」 なんて言っているのを聞きながら
ドライブに行く暇はないしなぁ・・と残念に思っていたんだけれど、こんな身近な所で
馬のレッスンのついでに紅葉も見れて、本当にココの馬場にして良かったと嬉しくなりました。

Image

Image_2

Image_3

私の参加しているクラス、時間帯のせいでしょう、60過ぎのご婦人ばかりで、素人目に見ても
騎手が馬に負けている。馬は夜よりもボーっとしていてやる気なし。

先生から「ハイ、皆さん!気持ちを強く持って!頑張ってくださーい」と活が入る。

先頭が特にとろくて後ろは大渋滞。見ていてイライラしてしまいました。
(先頭なんだから、しっかり走らせてよ!、ホラもっとちゃんと蹴って!!)

私の乗った馬は生意気なルイ。走るの大好きで誰よりもレッスンの事は分かっている、と思っている馬。日本語もよく解るので先生のお話に耳を傾け騎手が何もしなくても動く、止まる。

Image_4

騎手のバランスが悪いと機嫌が悪くなり前の馬を噛みにいったり、耳を伏せて駄々をこねる。
私とルイは走りたくて仕方がないのに、前がとろい。ついイライラして「行け!」と馬を挟んでしまった。
脱兎のごとく飛び出したルイはすぐに前が閊えて進めない、「ヒヒーーン」と怒り前の人が「キャー」と悲鳴をあげてしまった。
振り返った先生に「だから言ったでしょう♯!、始めに馬の性格それぞれちゃんと説明しましたよね♯、ルイはすぐ走るから蹴っちゃダメ、・・・」ネチネチと叱られる

だって・・・、なんて通用しない。一歩間違えば命だって落しかねない、大事故につながる。
ルイに謝るしかない。 ほかの会員さんも脅かしてすまなかった。

ルイは誰よりもレッスン状況を把握している馬なんだ。君の判断に任せるべきだった。
(人間も馬も相変わらず、男心はよくわからんのだ)

自分を棚に上げて他の騎手にイライラするなんて未熟もいいところだ。
他の人はもっと頑張らなくてはいけなかったんだけれど、私達は逆に押さえ込まなければ。。修業が足りないな。(ショボン)

深く反省し、2鞍目に。今度は優しく馬を尊重してやらねば。。
2鞍目クレスト。おじいさん馬だそうです。メスかな?と思うほどおとなしい・・・・・。

Image_6

すぐによくなついてくれました。(お目目きょろろん♪)

どうやら私が馬に負けるという事はまずないらしい。クレストも機嫌よく洗い場から出発。

先生に「おっつ、クレストの動きがいつもと違う@@(いつもより張り切っていたらしい)」
私の後ろには変顔のペネロペたん。

前回乗った美しい白馬のイザークは居眠りしそう。そいつはムチをバシバシ使ってやって。

Image_5

起きろ!

ペネロペたんは集中力があまりなく気まぐれだそうです。今日は全然だめだね。


乗り手が頑張っているのに「やだもん」な悪戯っ子。その顔で駄々こねていると面白すぎて後ろを見ては笑ってしまいました。

クレストはいつになくよく歩いていたそうですが間もなく電池が切れそうになり、スタミナ切れ。お疲れ様でした。45分のレッスン終わった後、猫みたいに首をすり寄せて甘えてきてとってもかわいかったです。

んーーーやっぱり次回から夜に来て一杯走りたい。寒いからスピード出過ぎて怖いかもしれないけれど走らせられないとメリーゴーランドみたいで面白くないわ。。

|