ベルサイユ宮殿舞踏会

2017年7月 5日 (水)

授与式会場: ロイヤルオペラハウス にて

Image

今回の渡仏、大事な案件に一つにコーマルサロン文化賞の授与式 がありました。

こちらが会場となりますオペラハウスのロビー。

Image_3

劇場内も見せて頂けました。

この有名な劇場は(写真は持っていたのだけれど)ココだったのねぇ。

奥行もあるし、バロックダンス踊るのならこんな劇場がやはりいいわぁ。

Image_2

ガイドブックから引用。左のロイヤルチャペルで昨年はオルガンや歌を拝聴しておりました。右の水色の所が今回の会場。Opera Royale

Image_4

コーマル城の帰りにいつも立ち寄るSA

Image_5

季節のお野菜や果物、お土産によく買います。(お得なのココ)

これはアメリカンチェリーではなくて山形の「紅さやか」ですって。

佐藤錦もあったんだけれど、興味深々のこちらにしてみました。

ワイルドで美味しいかったです。小さいアメリカンチェリー、っていう感じ。

庭にさくらんぼのなる木が植えられると楽しいんだけれど・・・

琵琶とか。 植える所がない・・・残念。

フランスで庭付きの古いお家って買えるかしら・・・?

・・・続く・・・

*****************************

今、ヴェルサイユ報告会用の動画も編集中。TV取材入ったので締め切りもあり。

家人は救急で運ばれるし(飲み過ぎです。心配ご無用アホめ)

イベント準備も差し迫っているし

忙しすぎて憂いている暇も無し・・・;

脳内爆発する心境で断捨離も始まる。

ええええい!捨ててしまえ!

|

2017年5月25日 (木)

オランダデビュー

KLMでアムステルダム空港経由でフランスへ。
飛行機の出発が遅れると朝早くからメールがガンガン来て英語で電話がかかって来ました。
アムステルダム空港では2時間ほど休憩。

足を伸ばして休めるリクライニングシートに吸い込まれそうになる。

ピアノの置いてあるシェア・タレントコーナーに参加させて頂きました。
とても短い時間だったけれどお客様、フレンドリーで楽しかった♪

Image_2


|

2017年5月24日 (水)

渡仏準備

1週間程家を開けるので冷蔵庫整理。
人参はジュースにして大根はお漬物にして、ミネストローネは鍋ごと冷蔵庫へ。
ヘルパーさんはとりあえず毎日1時間顔出して頂いて猫の世話もお願いしました。

Image

フリーシムのスマホを買いにauへ行ったら手続きに6ヶ月かかると言われてしまう。
そうなの?明日出発なんですけど。

直ぐに必要ならアップルへ行けと言われまだ間に合うぞ、と車を表参道に走らせました。
せっかくなのでカメラの凄いのが付いている最新機種に決める。

今回のドレス生地が厚くて100L以上あるRIMOWAが満帆だわ。

|

2015年8月21日 (金)

迫り来る本番

音合わせの為に日中はOL サラリーマンのメンバーが青山の練習場に集まりました。

音大受験、課題曲並みに難しい曲が何曲もあり、多分私が1人で全部弾く羽目になるであろうと最悪の事態を覚悟して臨んだリハでしたが、Vlがちゃんと仕上げてきて下さり、ホッとする。助かった。。。
今回初めてお願いしたPFも期待以上に合わせる能力が高くむしろ頼りになる。良かったぁ、彼女覚えるのが早い。
なのでもう少し仕事を分担するべくお二人の出番を増やす。「コレも弾いて♪」

嬉しそうに、楽しそうに、真剣に演奏して下さるメンバーの姿を拝見しながらこれなら頑張れる、頑張るよ、と思ったのは言うまでもありません。

皆さん会社から帰れないかもしれない位忙しい中やり繰りして勉強していらっしゃいます。
そんな姿に胸打たれ、励まされ今日は張り切って練習出来そうです。

|

2015年8月20日 (木)

Is this my way ?

先生の主催するヴェルサイユダンスの音楽部門の仕切りを授かる、という栄誉を頂き責任を果たすべく毎朝2時間のピアノ練習をしてから出勤する事にする。

ふと、「あぁまたか。。。」 と子供の頃からの私の運命みたいなものを思い出す。
幼稚園のお遊戯会、私は皆と一緒にうさぎさんの格好で踊っていたかったのに、いつも幼稚園の制服をビシッと着せられ木琴とか鉄琴を担当。
ピアノを習っていたから、得意そうなものでのピックアップなのだけれど、私にとって、いつもと変わらない風景が退屈であった。
バレエを習いたいと泣いて頼んだけれど却下。
小学校に上がり、音楽大学の教授から「非常に音楽的なお子さんです」と言われたのを真に受けた母の陰謀によりそのまま音楽学校に入れられる。
何回か違う学校に行こうと企むけれど猛反対に合い負ける。
各方面の先生方から「あいつ、あんなに耳が良いのに何で弾かないんだ?」とささやかれる。
だって、ピアノの練習きらいなんだもん。(フルートやダンスの練習は好き)
ただ、特殊な耳の制で伴奏を頼まれることは多い。
子供の頃からオーケストラのサウンドは楽器別に認識して聞いている、
左手と右手は別々の旋律として聞こえている、メロディーを見ればコードを感じる、
右手を弾きながら左手を歌える、そんな子どもでした。
これ、特殊で少々珍しいという事に最近気が付きました。
ウチの生徒にそんな子がいません。音大出身同士でも、こんな耳の構造の人はごく一部、
作曲科には結構いる、という事が分かって来ました。
授かりものならしい。。。なので職業音楽、というのは世間様の為には良いのかもしれない。
今から日に4時間は練習する事になる。本当はこの時間踊っていたかったんだ。
ずっと前から子供の頃から踊れるようになりたかったんだ。。。
先生の傍らで踊る姫君がまぶしい。
私はいつになったらダンスを学べるんだろう。。。
ピアノ弾きながら泣けてくる。

|

2015年7月 6日 (月)

パリ到着

5/30 始発に乗って空港へ。お昼過ぎにはシャルルドゴール空港着。

私一人だったら、面倒くさがってタクシー直行なんだけれど、旅のお連れ様がバスを調べて下さっていたのでジモティーに混ざってバス。
将来、フランスに足しげく通う事になりそうな気がするのでバスや電車に練習しないとね。
ホテルにチェックインしてまずはニジンスキーのお墓へ。
今からダンスに人生を捧げる事になるのか?・・もしれない。
その選択が幸か不幸かもはや分からない。
ニジンスキーのお墓参りから始まった私たちの旅。
「どうか、私にもダンスを授けて下さい。。。」
Img_2706
私、基本観光しない人なので、放っておくとホテルの部屋で静かに書き物したり
砂浜で本を読んでいたり、そんな時間が好き。
でも今回はお連れ様のお蔭で色々な所を見聞する事になり、沢山の発見や学びがあり
忘れがたい体験が色々ありました。

|