バロックダンス

2017年8月16日 (水)

左肩から背中にかけてどうにもならない痛みが数年間続いていたのだけれどやっと改善に向かっている。
たまりかねて指圧に行った事もあるのだけれど「精神的なストレスが大きな原因だから指圧やマッサージでは根本的な解決にはならないよ、でもまぁチョッと楽にしてやらんとな」と一生懸命ほぐして下さったり。

ストレスの原因は相変わらずではあるんだけれど、なんかね股関節ほぐしていくと左肩の痛みが軽減してきて、最近はチョッと痺れるかなぁ、くらい、繋がってるのかな。。。?
大事なポイントにアクセスし始めているんだ、と自分を励ます。

練習サボるとまた痛くなるのかなぁ?と怖くなって兎に角日付変わる寸前までスタジオに入る日々。

来春新たな目標を頂けた。きっと私をサボらせないようにジワジワ何か授かるんだな。ありがたし。

|

2017年8月 4日 (金)

あぁ、なるほど。。。

毎日踊り始めたら確かに身体が変わってきた、という手応えを感じられたのは今回が初めてなのよ。
2年間解らずに悩んでいた事フランスでは2日間で答えを頂けました。
考え方が定まると練習の仕方が定まる。

ピルエットが上手く出来ない時にピルエットを練習してもダメ。
どうして出来ないのかがわからないと直せない。

バルシニコフがいつも練習の前に自分の身体を確かめるかのようにグルグル回っていたそうです。
ピルエットはバロメーター。

安定してきた。やっぱり嬉しい、知りたいのに教えてくれなかった事、謎が解け始めている。

順番にしか進めない。焦っても仕方ない。本番には間に合わないかもしれないけれど。それも仕方ない。

フランスに戻りたい!! 先生に質問したい!!


|

2017年4月21日 (金)

2ヶ月の空白

久しぶりに作品と向かい合う。久しぶりに踊る。
やっとお腹が空いた。
お稽古の後のご飯が妙に美味しくてしっかり食べられた。
この単純な喜び。これ大事よ。
思いつめ過ぎて食事も喉を通らない日々、疲れすぎて何も食べずに寝てしまった日々。

今日はご飯が美味しい!おかわり♪

ストレスによる身体の痛みっていうのがある。筋肉痛との違いは痛い場所が次々移動する、
暫く横になるとすぐ治る、メンタル面だけでなく疲れや寝不足も引き金になる、等。

そう確信したのは車の中でギャバ入りチョコを沢山食べたら痛みが楽になったから。
ギャバ入り食品調べると「発芽米」ほぉ、じゃあもう、朝粥はこれで作るわ。
寝不足な時もギャバね。

|

2017年3月19日 (日)

怪我の巧妙

「足のねじれが無くなったね、」と言って頂けて非常に嬉しくなる。
そうなの、そんな気がしていたの。

ダンスを習い始めた頃は自分の体がとんでもなく踊りに向いていないので本当に悲しかったけれど
今は寧ろこの体のおかげで気がつく事があるのだ、と考え直しています。
背骨と腰の位置を変える練習をしていたら股関節を開いても痛く無い場所があったり。
長時間運転で足の付け根の筋が縮こまってしまい痛みが伴えば其処にそういう筋があると感じる事が出来る。
腸骨がすぼんでいるならばどうすれば腸骨が開けるのか学ぶ事も出来る。
何でも出来る恵まれたボディを持っていたら、他人がどうして出来ないのか理解出来ないだろう。

失敗とリセットを繰り返しながらいつしかピンポイントで感じられる筋や骨が増えている。

パーソナルトレーナーの先生から
「失敗は成功の元!」と 励まされました。

良い指導者に出会えるという事は最高の宝を得たのと同じ。🌟
語り尽くせない程の感謝を恩師に。


♯アンデオール ♯ロングバック ♯ストレートバック

|

2016年3月11日 (金)

Fin. Baroque Dance Ball

呪われているのかな、終始そんな気がしました。準備段階大詰めというラスト2週間、原因不明の痛みで日に何度も動けなくなるを繰り返す。何処が痛いじゃなくて食道、胃袋の辺りから始まって肋骨、背中、腰と痛みが移動する。前回の準備段階では丁度その頃帯状発疹が出てしまったので今回もストレスなのかもしれない。痛い、痒いをこらえながら動けている前回はまだよかった。今回はひたすらまあるくなってうずくまるしかないような状況で、でもそうしているとフッと不快感が遠のき再び動ける。でも時間はどんどん無くなる。

私には荷が重過ぎるんだろう。あっちを立てればこっちが立たず、他人は自分の欲望を満たすのに夢中になっているから私の意向が伝わらない。早い段階のミーティングの感想。舵取りは1人でやらなきゃ進めないんだ。声無き不満に気が付きながらも思った通りやらなきゃまとまらないんだ。

そんな中2日前に家人が倒れ病院に搬送、検査結果の出た翌日は緊急入院、家に帰れたのは日付が変わりそうな23時を回っている。

何これ、悪魔が大喜びしているでしょ。

一睡も出来ずいつに無く私がボロボロになるとスタッフさんはしっかりするのね。

BGMのCD、用意してあったのにかけられなかったり、ピンマイクあるのに付けられなかったり、
アンチョコの舞踏譜は荷物にまみれて行方不明になったり、楽譜はセロテープ持っているのに貼れていなかったり、(演奏しながら楽譜飛ばしました) ひたすら辛い。

「楽しかったわ」と言って下さった皆さんの言葉は信じられず、あぁまた痛みが。

*********************

長い事自分の舞踏会で裾の長いドレスを着た事もないし(忙し過ぎて男装で走り回っていた)
踊りたい作品のエスコートをして下さる方も居なかった。
そんな中、踊りの相手をして下さる方が現れ、裏方の戦力になる方も現れ、暇だったフリーダンスのお時間は多くの方がずっと踊り続け、何もかも様変わりした。

私はこの日最悪なコンディションだったけれど、代わりに得られたのは「協力」でした。

ひたすらお詫びと感謝をご参加の皆さまに捧げます。


Image


Image_2

Image_3


|

2016年2月 8日 (月)

発表会 終了

Image

昨年のバルドアポロンでは彼女のチェンバロにてブルゴーニュを躍らせて頂いたのですが、今回は一緒にブルゴーニュを踊って下さる事になりました。

ブルゴーニュに使うロングのアンダースカートがゴールドだったのですが、派手すぎると言われ
前日の夜に縫い直す。深いエンジのタマムシ織、シャンタン。

早く寝たいのに目の前に広がる美しい生地の海を見ていると心が躍る。

殆ど徹夜で朝から現地入り。食べると眠くなりそうなので食事を抜いてドーピングだけで過ごしました。

他の作品でご一緒して頂いた方もいらっしゃるのに写真を撮る余裕がありませんでした。
多分後日カメラマンさんの画像が手に入るでしょう。

後半、寝不足のわたくしは目蓋がすっかり腫れてしまい人相が許せずピカッと加工。
出番は4回+フィナーレ。本番が始まると1曲終わる毎に衣装がユルユルになるという事態が。

ブルゴーニュ家の結婚の儀は個人的には親にも内緒で秘密であったにも関わらず、多くの方が知っていたのでお呼びしていないのに公爵夫人が現れる。

差し入れまで頂いてしまいました。

最中食べようかなぁ?と思ったらお汁でした。
お椀に入れて熱湯を注ぐと中から色々具が出てきてお吸い物やお味噌汁になるの。
中から可愛い具がプクプク出てくるのが楽しくて私も取り寄せた事があります。好物です。
ありがとう存じます。

終演後、お越し頂いた陛下からは
「しかし貴女は下手に観えないんだよねぇ(上手くないのに不思議だぁ)」とか
「練習場と全然雰囲気が違うじゃないか」とか
「顔で踊ってる」とか お言葉を頂き 「ガンサー(顔サー)」の称号を授かりました。

お客様いらっしゃるとスイッチが入るという傾向はトム先生からも
「This is so much change 」と 以前おっしゃられております。

言いかえればお客様が私を躍らせて下さっているのです。

因みに初代ガンサーは 朝霞ルイ 様です。
3/6のウィンザー城 舞踏会ではガンサー同士で踊りますので是非お越し下さいませ。


Image_3


|

2015年12月10日 (木)

会員制ではありません

バロックダンス愛好会は会員制ではありません。招待制です。
とは言え一見さんはHPからお問い合わせ頂ければ主催者からご招待させて頂いておりますので
ご興味のある方はどうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

多くの団体が会員制を取っているなか、相変わらず会員制を導入しないのには訳があります。
将来、色々な方が集まって来るに違いない状況で、困ったちゃんも当然現れるでしょう。
その時にその方には立ち去って頂かなくてはならないのですが、私から不名誉な除名や、出入り禁止を言い渡されるより、黙って立ち去れる環境を残しておきたかったのです。

また最初にパッとお集まり下さった6名の方々は間違いなく愛好会の核となって活躍して下さっているのですが、初めて舞踏会にご参加下さった方が私の片腕となり、着慣れないドレスの着付けを手伝ってあげていたり、朝早くからずっと受付の準備を助けて下さったり、先輩後輩関係なく皆んなが、皆んなで 作り上げてきました。人それぞれご都合もおありでしょうから、皆様の自主性に多くを任せここまでやって参りました。
これからもバロックダンス愛好会が気に入って下さった方々が上下関係も無く楽しく集って下さればと思っております。

広報係だから宣伝するのではなく、気に入って下さった方がお友達をお誘いするであって欲しいし、
人前で幹部面したり、肩書き「バロックダンス愛好会の〇〇」と言うような言動は私の意向から大きく外れています。

また昨今「おたくの誰それがこんな事言っていたがどういう事だ」「あれ、放っておいていいの?」とか
各方面から心配やら、クレームが来る事もあり、言動の内容を伺うと私の意向とは全く外れています。
インターネット上で偉そうに人様の批判をしたり悪口を言えば当然クレームの対象になりますし、そんな方が愛好会の肩書を背負っていたら除名すべきでしょう。また深い知識もなくダンスや舞踏作品の間違ったウンチクをネット上に上げているのもみっともない事です。専門家の方から冷やかなご意見を頂きその記事内容を知る事もあります。

他人は自分と意向が違うのは当たり前ですから、意向が違う事自体は構わないのです。
ただ意向の違い過ぎる方の言動まで責任取れませんのでわきまえて下さい。

聖徳太子が「和をもって尊しとなす」と言っているように、和を乱す方は(愚痴と悪口ばかり言っている人も) 黙って立ち去って頂きたい、と思っております。

バロックダンス愛好会は紳士淑女の集まる場でありたいと願っております。
(紳士淑女を目指している方も歓迎ですよ。わたくしとて、目指している最中です。)

|

2015年12月 1日 (火)

舞踏会のコンセプト(バロックダンス愛好会)

元々は人数的にもちょっと立派なホームパーティー。ビンゴをするよりは一緒に踊りましょ、全員初心者だから簡単なものしか踊れないわ、と当時の先生にパーティ向けの作品を教えて頂き楽しんでおりました。初めて出会ったバロックダンス、気に入った方は其々お教室に通い始め、「今何習ってるの?」「お教室の雰囲気はどう」なんて情報交換もあり、レッスンの励みになれば、と舞踏会では演舞のお時間、フリーダンスのお時間等が設定されています。
******************************
最近とても心配になっている事があります。
お教室に通っている方は、レッスンの為の舞踏会であって欲しいし、
舞踏会の為のレッスンであってはならないのです。

先生方は生徒さんに合ったカリキュラムを考えている筈ですし、其れを飛び越えて
「◯月◯日にこれ踊るから教えて下さい」
このような考えは私の意図とは正反対なのです。

各お教室から参加申し込みを下さった方々は特に、スキルに合ったお勉強中の物を、本番目指して
お稽古して頂ければと存じます。

ジャズのお教室では「お友達のライブに出たいからこの曲教えて下さい」という相談が沢山あります。
頑張れるチャンスなので勿論お手伝いは致しますが、理論を全く理解していない初心者の方が、私のアドリブを録音し、耳コピして毎回ステージに上がろうとするので、考えが変わらなければお教室のコンセプトから外れるのでお辞め頂きました。ジャズ理論やジャズ奏法を習得して頂くためのカリキュラムを組んでいるのに、基本を無視してアドリブ出来ているふり、誰かのサル真似では、私に習っているなんて言わせたくなかった。あなたの作った個性輝くあなたの音楽を聴かせて欲しかった。ちゃんとやればできる筈だったのです。

そんな経験もあるのでこれはダンスでも同じ事がおきているのではないかと心配になり、今回沢山お申し込みいただいている大竹門下の様子を伺いに先生のご自宅を訪ねさせて頂きました。

大竹先生は姉妹弟子だった頃から私のダンスの宿題を手伝って下さり、愛好会の発足当時から暖かく見守って下さっています。

先生方のカリキュラムを邪魔するような事では本末転動なのでお申し込み頂いている生徒さん方のスキルを詳しく伺い、その方々に合っている作品を選んで頂きました。
先生もわたくしも、是非頑張って頂きたいと思って選んだ作品なので後ほど個別にメッセージを
送らせて頂きます。

先生方は舞踏譜を早く理解させる為に動画を禁止したり、基本を身につける為に練習する作品の順番を組み立てて下さっている筈です。急がば回れ、演舞を目指している方は真摯に謙虚に努力なさって下さい。

|

2015年11月26日 (木)

舞踏会に必要なもの

私の自論なのですが舞踏会に必要なものはダンスだけではないと思っております。
マナーと教養、エレガンスとエスプリ。

バロックダンスにはそれがあるので、素敵な舞踏会を開くためにバロックダンスを選びました。

マナーがどうのこうの、愛好会は堅苦しくて敷居が高そうで行かれない、と思っている方が
随分いらっしゃいました。
マナーとは「アレしちゃいけない、コレしちゃいけない」というルールを覚える事では無く
「相手を思いやったらこうした方がいいよね、」というアイデアの引き出しです。
だから時と場合によって臨機応変させてよいのです。
「相手を思いやる」という前提のもと、タブーを破った伝説も沢山あります。

今田美奈子先生系列のプレトコールマナーの本の数々を読んでもマナーは学べますが
チームワークが必要なペアダンス、コントルダンス、を通してマナーの精神を再確認する事が多々あります。

「私が一番上手く踊ってやるー!」
「負けるもんか、私が一番目立ってやるー!」
「どう、私素敵でしょ!」
「私が、私が、わたしがー!」

こんな態度が見え見えの方はダンスの練習よりマナーのお勉強をして頂きたいと切実に思います。

客席からよく見えるのはダンスではなく、演者の心です。心の内がバレるんです。

ステージとはそんな所です。

「ダンスは気の交換なんだよ」 私の先生が仰いました。

私はこの時胸につかえていた謎が解けました。
一緒に踊った時に心温まる楽しさをくれる方がビギナーさんだったり
器の大きさ、お人柄がしのばれる優しいフォローをして下さった先輩、
とっても癒して下さった友人、上手い下手関係ないの。

(この逆もあるのでそれは最悪)
練習しても練習してもそこそこ上手くなっても、隣でメラメラ、ドロドロした気しか発してくれない人もいました。

気が合わない、ってこの事よね。

当時は私の考え過ぎだろうと思っていましたが蓋を開けてみればお客様の多くから
私と同じ感想が寄せられていました。

来年 3/6 「オーロラ姫と舞踏会」 には素晴らしい「気」が集結して下さいますように。


|

2015年11月23日 (月)

緊張のあまり

家に着いて食事を取る気に暫くなれず(21:00近いのに)悶々とする。

おはようございまぁす、と にこやかに入って行くと昔の恩師がいたり、怖い顔で睨みつけてくるので
貴女に売る油は無い。「愛想が無いわね」と即座に悪口を言われる辺り、お互い正直すぎるのよね。
昔からある事無い事、言われ失礼極まりなく、後でそれが誤解だったと分かってもきちんと詫びられた事もなく、喧嘩したわけでもないし、あの方は紙一重の天才であると認めてはいるけれど、一度付いた傷は中々消えないのである。アレルギーみたいなものでしょう。

本日のセミナー、蓋を開けてみたらバロックの先生方勢揃い&バレリーナばっかりでした。
事務局長、私をなぜ呼んだのだ?いつものご学友がいないんですけど。
あ、私のパートナー外見学してる、どいうこと!?(私のパートナーさん、物知りなので既に危険予測をして他のクラスを受講していた)

が、しかし

ペアのフォリア、この舞踏譜思ったより面白かったです。ソロはやった事があるんだけれど
ペアの方が楽しかった。2人で描く図形がイメージされるのも面白かったし、私、何事も誰かと一緒に作る方が好きなんだな、と自覚しました。

そして男性のフォリア。きゃぁ、格好いい♡ なんて言っている場合ではないのです。
でも先日レッスンで取り上げていた

Sarabande à deux

に出てくるサンジュマン・バッチュ付き
みたいな(なんと言えば…) パが出てきて、なんてタイムリー、予習復習が出来たのでした。

あと2番プリエから2回転、出来たら気持ち良さそう。とりあえず1回転ならふらつかなかったので自分に甘く良しとする。(動画の人も1回転だなぁ)因みに陛下が先頭で2回転を決めて城内からヒューヒュー言われておりました。

ウチに帰り興奮とカックシ感が混ざって もうー、1人ボージョレで暴れるか、と言う気分に陥っていた時、一緒にレッスンを受けていた方から「いやぁ勉強になったねぇ」と電話が入り救われる。
FBのお友達申請を頂いたり、親しげに話しかけて下さった方々との交流も有難く、
この貴重なワークショップを企画、運営して下さっている、浜中先生と事務局長に深く感謝。

先生方同士は考え方もスタイルも違い仲が良くないという噂ですが、一オーディエンス、一生徒の立場からすると、それが事実であったとしても、こうやって集って一緒に学ぼうとしている風景が感動的でした。どうかわたくし達を、バロックダンス業界を引っ張って行って下さいますように。

男性のフォリアです。↑  ライオンさんは何だろう?これの前にお芝居でもしていたのかしら?(フォリアとライオンさんは基本関係ないです念の為。ライオンさんが踊っているのは女性ソロの最後のフィギュアこんな物かぶって6番まで踊っていたのであろうか・・・?)
petit trianon ♡という名前に惹かれ開いてみたら珍しい絵図らでした。

|